見た目の美しさと安全性を両立させます

根管治療を行った歯は、根管内部に隙間なく薬剤を充填してから被せ物を取りつけます。この被せ物は見た目や機能を補うだけでなく、治療後の歯を口腔内の細菌から守るという役割ももっています。被せ物と歯の間にわずかでも隙間があった場合は、そこから細菌が侵入して症状再発の原因になることも……。

根管治療後の歯は、美しく仕上げるだけでなく隙間ができないよう正確に被せ物を取りつけることが大切です。大滝歯科医院では、精密な補綴治療によって根管治療後の歯を美しく、かつ隙間なく仕上げています。

マイクロスコープによる高精度

肉眼では隙間がないように見えても、ミクロン単位の隙間があったために、そこから細菌が入り込んでしまう……ということもありえます。見た目だけを美しく仕上げるのではなく、ミクロン単位の隙間さえつくらないようにするために活躍するのがマイクロスコープです。

当院ではマイクロスコープを活用して肉眼では見えないほどの細部まで確認しながら被せ物を取りつけています。隙間をつくらないため、症状の再発を防ぎ、お口をいつまでも健康に保つことにつながります。

当院では、自然な仕上がりと咬み合わせを考慮した丁寧な補綴治療を行っておりますので、以前取りつけた詰め物・被せ物が合わずにお悩みの方も、お気軽にご相談ください。

東京都町田市|診療予約|大滝歯科医院