保険診療と自費診療はどう違う?

歯科治療には、保険が適用できる「保険診療」と、患者様自身が費用を全額負担する「自費診療」があります。これらは費用面だけでなく、受けられる治療法や使用できる素材なども異なります。根管治療に関しても、保険診療と自費診療とでは大きな違いがありますので、治療を受ける前に医師に治療内容についてご確認ください。

根管治療時の保険・自費の比較

  保険診療 自費診療
適用 国が規定した保険診療のルールに基づく 北米の歯内療法専門医に準ずる
概要 最低限必要なレベルの治療 安全性を高めるためのさまざまな機器や器具を使用した治療
治療時間・回数 約30分/1回
通院回数は多め
60~90分/1回
通院回数は少なめ
使用薬剤 日本の薬事法に通った薬剤のみ 効果が高いものの薬事法に通っていない薬剤でも、患者様の同意のもとで使用できる

上記のとおり、保険診療は必要最低限の治療を行うものであり、自費診療は時間とコストを十分にかけた治療になります。どちらもそれぞれメリット・デメリットがありますので、まずは医師とじっくり相談したうえでお考えください。

東京都町田市|診療予約|大滝歯科医院