外科処置で難症例にも対応します

根管治療後に痛みがおさまらないなど予後の悪い歯や、根管治療では治癒が期待できない歯でも、外科処置によって治療できることがあります。大滝歯科医院では、下記のような問題がある場合は外科処置に移行し、できる限り患者様自身の歯を残せるように努めます。

外科処置で対応できる例

  • 歯内・歯周病変(歯根の先の病気と歯周病が同時に起こったもの)
  • 側枝(途中から神経が枝分かれしている根管)
  • 歯根破折(歯の根が割れてしまったもの)
  • 内部(外部)吸収(歯根が内部もしくは外部から吸収されてしまうもの)
  • 根管に穴があいてしまったもの

大滝歯科医院の外科処置例

歯根端切除
根管治療の予後が悪い場合や虫歯によって歯髄が死んでしまった場合などに歯根の尖端にできる膿が詰まった袋(嚢胞)を切除する処置です。根尖切除を行うことで、膿による感染を防ぐことができます。
意図的再植
問題のある歯を一度抜歯して治療し、治療後に歯を元の場所に再植する処置です。一度抜歯するため技術的には非常に難しく、必ず成功するとは言い切れません。あくまでも、歯を残すための「最終手段」として行います。

万が一根管治療ができない場合でも患者様の症状に合わせた外科処置を行いますので、まずは当院までご相談ください。

東京都町田市|診療予約|大滝歯科医院