こんな症状がある場合は根管治療を

こんな痛みはありませんか?もしかしたら、根管治療が必要かもしれません!

こうした症状は、虫歯が進行して神経の近くまできているときに起こります。もし神経まで達してしまっていた場合、根管治療をせずに放置すると抜歯せざるをえない状況になることも……。

上記のような痛みや違和感がある方は、ぜひ大滝歯科医院までご相談ください。万が一虫歯が神経まで達してしまっていても、万全の体制で治療できます。

根管治療で解消できるお悩み

以下のような方のお悩みも、根管治療で解消できるかもしれません。まずは当院までご相談ください。

  • インプラントにすることをすすめられたが歯を残したい
  • 抜歯をすすめられたものの、できれば抜きたくない
  • 同じ箇所の虫歯治療を何度も繰り返している

【当院の根管治療で抜歯を避けられるかもしれません】

本来なら抜歯しなければならないほど進行してしまった虫歯でも、マイクロスコープを使用した精密な根管治療なら、歯を抜かずに治せる可能性があります。別の医院で抜歯をすすめられたものの迷っているという方は、まずは当院にご相談ください。抜歯せずに歯を残せる治療が可能かもしれません。

根管治療の種類

根管治療には、歯髄(歯の神経)を取り除いて消毒を行う「抜髄(ばつずい)処置」と、細菌に感染した根管を治療する「感染根管処置」の2種類があり、それぞれ治療目的が異なります。

抜髄処置 感染根管処置
虫歯に冒された歯髄を除去する処置。一般的に「根管治療」というと、この処置を指します。歯髄を除去したあとは消毒を行い、薬剤を詰めて被せ物でふさぎます。 重度の虫歯や抜髄処置後に症状が再発した場合に起こる「根尖性歯周組織炎」を治療する処置。根管内の汚染を除去します。

当院では、どちらの根管治療にも対応しています。感染根管処置は抜髄処置に比べて難易度が高く、治療期間も長くなりますが、マイクロスコープを使用することで高精度かつスムーズに処置が行えます。他院で根管治療を受けたものの再び痛み出してしまった場合も、お気軽にご相談ください。

東京都町田市|診療予約|大滝歯科医院