根管治療を受けたらメインテナンスを

根管治療では除去することになる歯髄(歯の神経)ですが、もともとは歯に栄養を送ったり虫歯菌の侵入を防いだりする役割があります。しかし、一度細菌に感染した歯髄は治癒しないため、除去するしかありません。歯髄がなくなると、その時点での症状はおさまるものの、いくつかのリスクが発生します。まずは感覚がなくなるため、たとえ虫歯になっても痛みが起こらず気づかなくなってしまいます。栄養が届かないため歯がもろくなってしまうこともあるのです。

ささいなことが大きなダメージにつながりやすい状態の歯をできるだけ維持するためには、治療後のメインテナンスが必須です。正しいメインテナンスを続ければ、神経を失った歯でも長く持たせることができます。できる限り自分の歯を使い続けるためにも、自宅だけでケアするだけでなく歯科医院に定期的に通って適切なメインテナンスを受けましょう。

メインテナンスは治療を受けた医院で

大滝歯科医院ではマイクロスコープを利用した精度の高い根管治療を行っているため、多くの患者様が根管治療を受けに来院されています。しかし、そのあとの被せ物の製作やメインテナンスは、最寄りの歯科医院に任せるという方もいらっしゃいます。

確かに最寄りの歯科医院に通ったほうが便利かと思いますが、補綴やメインテナンスを他院が担当し、万が一症状が再発してしまったとすると、何が原因で再発したのか見極めることが非常に難しくなります。原因が見極められないと、応急処置をしても再発を繰り返すことになりかねません。歯の健康を守るためにも、治療・補綴・メインテナンスは同じ医院で受けることをおすすめします。

メインテナンス方法

  • 歯のクリーニング(PMTC)
  • 虫歯や歯周病のチェック
  • 咬み合わせのチェック
  • レントゲンによる歯や骨のチェック など

【日常生活のなかの「クセ」に注意!】

被せ物に隙間ができると、そこから細菌が入り込み再発の原因になります。この隙間ができる原因は、被せ物の精度以外にもあります。たとえば、睡眠中に無意識に行う歯ぎしりや食いしばり。無意識のうちに力一杯咬んでしまうため、被せ物が壊れて隙間ができてしまうこともあるのです。当院では、歯ぎしりや食いしばりによる問題を改善するための予防処置も行っています。

歯ぎしり・食いしばりの危険性

東京都町田市|診療予約|大滝歯科医院