根管治療の流れと治療期間

大滝歯科医院では、下記の流れで根管治療を行います。治療では常にマイクロスコープを使用し、1回の治療にしっかり時間をかけることで安全性を高めています。

歯髄の除去

虫歯に冒されてしまった歯髄(歯の神経)や血管を除去します。

根管内の洗浄

歯髄や血管を除去したあとの根管内を丁寧に洗浄し、汚染が一切残っていない状態にします。

根管充填

洗浄した根管内に薬剤を充填します。この際に隙間ができるとそこから細菌に感染するおそれがあるため、隙間をつくらないよう緊密に充填します。

被せ物の装着

歯の型を採って、被せ物を装着します。

根管治療リカバリー(必要な場合)

万が一根管治療後に症状が再発してしまった場合は、根管治療リカバリーを行います。

通院回数の目安

根管治療を行う際の通院回数は、平均して3~5回ほどです。治療内容による通院回数の目安は下記をご覧ください。

治療内容 通院回数の目安
神経の除去 1回
細菌感染した根管の治療 2~5回
根管治療リカバリー 2~5回
外科的歯内療法 1回
外傷を受けた根管の治療 2~5回

※症状によって通院回数は変動します

東京都町田市|診療予約|大滝歯科医院