マイクロスコープを使用した根管治療「マイクロエンド」

マイクロエンドの精度を高める機器・器具

「マイクロエンド」とは、肉眼では見えないほど小さな患部でも拡大して確認できる機器「マイクロスコープ」を使用した根管治療を指します。

根管は肉眼では見えないほど小さく、複雑な形状をしています。目視できないためほとんどの医院の根管治療は医師の経験と勘に頼って行われていますが、その分失敗するリスクも低くはありません。そこで導入されるようになったのが手術用の電子顕微鏡「マイクロスコープ」です。マイクロスコープを使用することで根管治療の精度は格段に向上します。

当院のマイクロエンドで使用する機器・器具

より精度の高いマイクロエンドを実現するために、当院ではマイクロスコープをはじめとした専用の機器・器具を使用しています。

マイクロスコープ
マイクロスコープ

手術用の電子顕微鏡です。患部を数倍~数十倍にまで拡大できるため、肉眼では見えない根管も正確に治療できます。歯科先進国では多くの医院に導入されていますが、日本ではわずかな台数しか導入されていません。

【メリット】

  • 患部を数十倍まで拡大できる
  • 診査・診断の精度が高まる
  • 治療の状況をモニターに映すことができる
  • 写真や動画を撮影できる
ラバーダム
ラバーダム

根管治療を行う歯に金具を取りつけ、その歯以外をゴムの膜で覆うための器具です。治療に使用する薬液が患部以外に漏れるのを防ぐほか、唾液などによる細菌感染も防げます。

【メリット】

  • 治療の際に使う薬液が口の中に漏れるのを防ぐ
  • 治療対象の歯だけを露出させ、見やすくできる
  • 唾液から細菌が入り込むリスクを抑えられる
  • 治療中に器具などを誤って飲み込むことがない
ニッケルチタンファイル
ニッケルチタンファイル

抜髄(歯の神経を抜く処置)に使用する器具です。従来使用されていたステンレス製のファイルよりも柔軟性があり、歪曲した根管内も問題なく処置できます。

【メリット】

  • 複雑に歪曲した根管内でも処置できる
  • 歯へのダメージを最小限に抑えられる
スーパーエンド
スーパーエンド

2種類の機械を用いて、緊密な3D根管充填を行っています。

【メリット】

  • コードレス仕様により治療の効率化・時間の短縮化に貢献
  • 根管内に緊密に詰めることができる

東京都町田市|診療予約|大滝歯科医院